インクを節約する設定

仕事や家庭でプリンターを使う際、気になるのがインクのランニングコストです。
インクジェットの場合、A4用紙1枚あたりのコストは純正インクで6~9円ほど、レーザープリンターの場合は15~20円ほどかかります。
純正インクの価格が高い理由としてあげられるのは、プリンター本体が安いため、利益を純正インクに求めていることです。
しかしインク代はできるだけ節約したいという消費者も多くいらっしゃいます。
その場合、純正インクではなく詰め替えインクや互換インクを使用すると良いでしょう。
ただし、詰め替えインクや互換インクは目詰まりなどの故障を起こすデメリットもあるため、使用する際は十分に気をつけてください。

ほかにもインクを節約する方法として、インク節約ソフトを使用する方法もあります。
インク節約ソフトとは、印刷の濃さを落とすことでインク節約に繋げるソフトです。
元々プリンターは仕上がりの発色を良くするために必要以上に濃く印刷されるため、ソフトによって印刷の濃さを落としても精度は下がらず仕上がりも粗くなりません。
またカラーばかりでなくモノクロ印刷にも対応しているため、文書作成など高精度を必要としない印刷の場合、かなりの節約効果が期待できます。

さらに印刷方法を「割付印刷」に工夫することでインクを消費することができます。
「割付印刷」とは数ページ分のデータを小さく縮小して、1枚の用紙に収まるよう印刷する方法です。
書類などにおいて、そのままの大きさでなければならないものは少なく、A4用紙に2ページ分を縮小印刷しても読む分に不自由さは感じません。
インクだけでなく用紙の節約にも繋がるため、ぜひ試してみてください。

このほかにもインクを節約する方法として、100円均一で販売されているインクを活用する方法などがありますが、これに関しては別項にて説明します。
またインクを節約するうえで発生するトラブルの対処法も紹介しますので、ぜひご覧ください。



▽管理人推奨サイト▽
リサイクルトナーやインクカートリッジを低価格で取り扱っているサイトです =≫ リサイクルトナー

Copyright © 2014 プリンターのインク節約術 All Rights Reserved.